資源総合システムは、2018年2月28日(水)~3月2日(金)、東京ビッグサイトで開催されるスマートエネルギーWeek 2018内、第11回 太陽電池展(主催:リード エグジビション ジャパン(株))にブース出展いたします。

今回、弊社ブース(E45-33)では、2月15日に弊社が発表した「太陽光発電産業発展への提言(PV150)エネルギー大転換時代の旗手『太陽光発電』-2030年、国内150GWの導入を目指して-」などをベースとし、今後の太陽光発電事業展開に役立つプレゼンテーションを無料で実施致します(各回15分程度を予定しております。事前予約は不要ですがお席には限りがあります)。弊社の新サービスである「事業計画認定情報の自動分析サービス」の紹介もいたします。弊社ブース内においてPV150を含む弊社が発行する各種資料もご覧いただけます。


プレゼンスケジュール

 

プレゼンテーションのスケジュールとタイトルは、こちらからもご覧頂けます。

また、PV EXPO 専門技術セミナー【PV-1】年間100GW時代を迎える太陽光発電市場と新たなビジネスモデル(有料)においては、弊社研究員が「世界における太陽光発電市場の動向 ~変化する導入ドライバー~」と題し講演を行います。詳細はこちらをご覧下さい。

 

【スマートエネルギーWeek 2018 第11回 国際太陽電池展】
名称:スマートエネルギーWeek 2018 第11回 国際太陽電池展(PV EXPO 2018)
日時:2018年2月28日(水)~3月2日(金)10時00分~18時00分(最終日17時00分)
会場:東京ビッグサイト
出展ブース:E45-33
URL: http://www.pvexpo.jp/