株式会社資源総合システムは、世界の太陽光発電システムの2016年の導入量は75GW と発表しました。

導入量は、同社が加盟するPV Market Alliance(PVMA)と共同で分析・発表したもので、各地域の系統連系形太陽光発電システムの導入量は、中国:約34GW、日本:約8.6GW、米国:約13GW、欧州:約6.5GW、インド:約5GW、その他約7GWと見込まれています。(いずれもDCベース)

2016年の世界の太陽光発電市場は、2015年の50GWから50%増となる75GWに到達し、世界全体の太陽光発電システムの累積導入量は300GWを超えました。

詳細はこちらをご覧ください。