株式会社資源総合システムは、「メガソーラーデータベース第3版」を2019年4月15日に発刊致しました。

メガソーラーデータベースは、太陽光発電の主力電源化に向けて長期安定稼働への取り組みが進み、O&Mサービス、セカンダリー市場形成などが今後活発化することを見据え、プレスリリース、報道記事などから約3,000件のメガソーラーデータを収集しています。事業主体、元請業者、太陽電池メーカー、パワコンメーカー等のデータに加えて、国の「事業計画認定情報」との統合を図り、メガソーラーデータの設備IDや設備認定日、未稼動・稼働済みの区分等を行うことで、より有効なご活用が可能となりました。これらのデータはデベロッパ、EPC、機器メーカー、O&M事業者様などに幅広くご活用いただいています。本データベース(Excelデータ)は並べ替えや集計が可能です。データの分析や指定の条件にあったメガソーラーの抽出等により、マーケティングや個別の案件に絞ったアプローチ等新たなビジネス展開に役立ちます。サンプルデータを無料で提供しておりますので、メールinfo@rts-pv.comまたはお問い合わせフォームより弊社までお申し込みください。また、英文データ(一部日本語)をご希望のお客様もご相談ください。

 メガソーラーDBイメージ1

【メガソーラーデータベース第3版の概要】
・提供形式:Excelデータ(電子メールにて送付)
・価格
  【会員(「太陽光発電情報」・「PV発電事業最前線」ご購読企業)】
   メガソーラーデータベース(最新版+毎月更新版(合計12回) 240,000円
   メガソーラーデータベース(最新版のみ) 150,000円
  【一般(非会員)】
   メガソーラーデータベース(最新版+毎月更新版(合計12回) 300,000円
   メガソーラーデータベース(最新版のみ) 180,000円

詳細・お申し込みについてはこちらをご覧下さい