お役立ち情報・最新講演資料
JP EN

株式会社 資源総合システム

お役立ち情報 /
最新講演資料
企業情報

コンサルタント紹介

ホーム > 私たちについて > コンサルタント紹介
一木 修 (いっき おさむ)
役職
代表取締役 首席研究員
紹介
1983年3月の会社設立以来、シリコン原料から太陽光発電システムまでをカバーする太陽光発電分野専門のコンサルティング会社の代表として、各種調査及びコンサルティング業務に従事。政府機関、地方自治体、電力、発電事業者、ゼネコン、太陽電池、システムをはじめとしたメーカーから金融など川上から川下まで、事業戦略の構築支援を中心としたコンサルテーションを実施。経済産業省及び新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、光産業技術振興協会(OITDA)をはじめ、各種の太陽光発電に関する委員会委員を歴任している。2007年12月には、太陽光発電国際会議「特別賞」を受賞。「継続は力なり」をモットーにして、太陽光発電の基幹電源化及び社会システムへの発展に全力投球している。
貝塚 泉 (かいづか いずみ)
役職
調査事業部長 首席研究員
紹介
太陽光発電の市場、政策、産業、ビジネスモデルの分析を専門としており、特に海外の再生可能エネルギーの動向に精通している。国際エネルギー機関・太陽光発電システム研究協力プログラム(IEA PVPS)におけるStrategic PV Analysis & Outreach部会の副代表及び日本代表を務める。同部会が刊行するTrends in Photovoltaic Applicationsの著者の一人でもある。JEMA太陽光発電システム標準化総合委員会・委員長のほか各種委員を務める他、国際会議において専門分野のチェアを歴任する。2017年11月には、太陽光発電国際会議「特別賞」を受賞。「太陽光発電により持続可能な未来を創る」ことを心に描いて日々努めている。
大橋 孝之 (おおはし よしゆき)
役職
技監 上席研究員
紹介
蓄電池・電源メーカーにおいて、無停電電源装置(UPS)の開発・設計に従事、1992年から、産業用太陽光発電システムの開発・建設・営業等に従事するとともに、太陽光発電協会(JPEA)公共産業市場部会長として、産業用太陽光発電システムの普及拡大に努めた。2003年から(株)資源総合システムにおいて、パワーコンディショナ等機器メーカー、EPC事業者、発電事業者向けの技術・事業戦略コンサルティングを行うとともに、「太陽光発電ビジネスガイド」、「出力制御シミュレーション」等の発刊に従事。事業者の皆様へのわかりやすい説明を心がけている。
オーム社「太陽光発電システムの設計と施工」第2版 著者代表
技術士(電気・電子部門)、第2種電気主任技術者、エネルギー管理士、1級電気工事施工管理士、建築設備士、第1種電気通信主任技術者等
大東 威司 (おおひがし たかし)
役職
イノベーション推進部長 上席研究員
紹介
太陽電池材料から太陽光発電システムまでの市場、産業、技術についてのコンサルティングの知見を活かして、日本の太陽光発電市場の長期予測の分析を主導している。国内外の太陽光発電関連企業・団体・研究機関・公的機関等に向けた各種専門調査・事業コンサルティングも幅広く実施する。住宅用太陽光発電システムのサプライチェーン分析なども実施している。NEDOなどのプロジェクト審査評価委員も務める。中小企業診断士としても活動している。太陽光発電・再生可能エネルギーを軸とした地域創生や事業活性化推進のため、全国・海外を巡っている。
杉渕 康一 (すぎぶち こういち)
役職
太陽光発電事業支援部長 上席研究員
紹介
太陽電池セル・モジュールの製造プロセスから太陽光発電システムの設計・施工を経験した技術者として川上から川下まで幅広い分野のコンサルティングを実施している。現場で培った知見をベースに研究・製品開発・製造・品質保証・設計施工・発電量評価・O&M・製造技術コンサルティング等を担当。「これからの太陽光発電は『安心・安全・安定』をこれまで以上に高いレベルで長期に維持することが大事であり、その実現に尽力していきたい」という志でクライアントにソリューションを提供している。
宮崎 京子 (みやざき きょうこ)
役職
調査事業部 海外グループ 主任研究員
紹介
日本の太陽光発電動向を世界に向けて発信する役割を担っており、英文月刊レポート「PV Activities in Japan and Global PV Highlights」の編集責任者を務めている。海外企業の日本進出及び日本法人におけるコミュニケーションも支援しており、技術文書からプレスリリースまで各種翻訳・通訳を実施している。さらに、海外の動向を日本に向けて発信する業務も担う。”PV for Everyone” の心で、日本での事業展開にとって重要なコミュニケーションの側面から、グローバル企業を支援している。
栗原 理砂 (くりはら りさ)
役職
調査事業部 調査研究グループ 主任研究員
紹介
シリコン原料から太陽電池モジュールまでの太陽電池バリューチェーンを中心とした調査分析を主導しており、川上セクターの研究開発から製造技術、市場、企業動向に関わるコンサルティングに携わる。とくに太陽電池や材料の生産量見通しの分析が得意分野である。官公庁向け太陽光発電関連調査では、セル構造や材料の技術動向に関する調査を長年実施。「テクノロジーによる気候変動問題解決を」との思いで日々業務に取り組んでいる。
山谷 東樹 (やまや はるき)
役職
太陽光発電事業支援部 主任研究員
紹介
太陽光発電の発電事業者を対象にした月刊レポート「PV 発電事業最前線」の編集責任者を務め、日本の固定価格買取制度(FIT)の制度変更や電力システム改革をめぐる最新動向を調査・分析し、即時性の高い情報発信を行っている。発電事業者やEPC事業者に対してのコンサルティングを主導している。コンサルティングの一環で提供しているメガソーラーデータベースは、サプライヤが顧客獲得のために活用している。「シンプルにわかりやすく」を心掛けて、顧客へ最新の政策動向を提供している。
岡崎 順子(おかざき じゅんこ)
役職
調査事業部 海外グループ 主任研究員
紹介
中国をはじめとした海外の太陽光発電普及政策や産業動向等の調査・分析を担当している。太陽電池生産量、導入量ともに世界第1位である中国の動向は国内外(または海外市場のみならず我が国の)太陽光発電市場にも大きな影響を与えることから、中国の最新動向を常に追いかけ、世界へ波及する流れをいち早く分析してお届けしたいとの思いで業務に取り組んでいる。

ぜひ、お問い合わせください

CONTACT お問い合わせ

弊社のサービスへ興味をお持ちの方は、下記の電話番号、もしくはお問い合わせフォームより問い合わせください。