お役立ち情報・最新講演資料
JP EN

株式会社 資源総合システム

お役立ち情報 /
最新講演資料

お知らせ

ホーム > お知らせ > 新刊リリース情報 > 「太陽光発電海外市場レポート 2021年版~海外主要市場と新興市場~」を発刊いたしました

「太陽光発電海外市場レポート 2021年版~海外主要市場と新興市場~」を発刊いたしました

2021.09.27
新刊リリース情報

 株式会社資源総合システムは、2021年9月27日(月)に「太陽光発電海外市場レポート 2021年版~海外主要市場と新興市場~」を発刊いたしました。

 

2020年の太陽光発電システム市場は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する経済復興策としてクリーンエネルギー導入への関心が高まったこともあり、市場規模は速報値で139.4GWとなりました。中国、米国、ベトナムが導入量の上位3ヶ国でした。

 

2021年は、太陽電池の原材料であるポリシリコンの供給不足やCOVID-19の影響による海上輸送費の高騰など、太陽光発電システムのコスト上昇が市場の制約要因となる可能性はありますが、弊社は世界の太陽光発電システムを135173GWと予測しています。

 

温室効果ガス排出量ネットゼロを目標に掲げる国は増加しており、世界がエネルギー転換と温室効果ガス排出量削減に向けた取り組みを本格化させています。世界の平均気温上昇を産業革命以前比で1.5℃に留めるためには世界のエネルギー・システムを抜本的に変革することが必要で、その取り組みにおいて太陽光発電の役割は非常に重要なものとなっています。

 

本レポートは、各国政府や関係機関による資料、国際会議での報告や論文などを中心に、海外の主要国と新興国の太陽光発電システム市場の現状と見通しをまとめたものです。太陽光発電システムの市場規模、市場成長ドライバ、プロジェクトの状況、将来展望等を網羅しております。また、太陽電池産業や国際貿易摩擦についての解説も加えており、太陽光発電事業の海外展開に参考となる情報を提供しています。

 

 

 

 

 

詳細・申し込み方法につきましてはこちらをご確認ください。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

同レポートのアジア・オセアニア地域のダイジェストを紹介する動画はこちらからご覧いただけます(外部サイトへ移動します)

ぜひ、お問い合わせください

CONTACT お問い合わせ

弊社のサービスへ興味をお持ちの方は、下記の電話番号、もしくはお問い合わせフォームより問い合わせください。